多用途おでん鍋 ふるさとのれんで|お家で簡単に美味しいおでんを作ろう!

記事内に広告が含まれています。

「おでん鍋って、おでんを作るだけのものでしょ?」って、そう思われている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、このおでん鍋は、おでん以外にもさまざまな調理に使える、多用途の、とても便利な鍋なんです。

美味そうな、おでんの具
美味そうな、おでんの具

例えば、煮物や炒め物、蒸し物(肉まん・あんまん)などにも使えます。そのため、これ1台あれば、さまざまな料理を楽しめるようになります。

そこで、今回は「多用途おでん鍋ふるさとのれん」についてご紹介します。

多用途おでん鍋 ふるさとのれんとは

多用途おでん鍋 ふるさとのれん(KS-2539)とは、多用途とあるように、おでんだけでなく、煮物や蒸し物、炒め物等にも使える1台5役の卓上式電気おでん鍋。

また保温性に優れているだけでなく、食材の旨味を逃さない、焦げ付きにくい、お手入れが簡単!というのも、洗い物が苦手な方には嬉しい機能です。

多用途おでん鍋 ふるさとのれん
多用途おでん鍋 ふるさとのれん

そして、本体の木枠が焼杉風のデザインというのも、屋台で飲み食いしている雰囲気にしてくれるので、普通のお鍋でおでんを作るよりも、より一層、気分や味を楽しめること間違いなし!

煮る・茹でる・焼く・蒸す・炒めるが1台でできる

多用途おでん鍋 ふるさとのれんは、これ1台で5役をこなし、オールシーズン使えるおでん鍋として重宝します。

煮魚
煮魚

では、どんなものが調理できるかというと「煮る(煮魚)、焼く(焼きそば・目玉焼き)、蒸す(肉まん・あんまん)、茹でる、炒める」といった類の料理です。

なぜこういった種類の調理法が可能かというと、一つには、温度調節(切・とろ火・弱・中・強)をする際に、サーモスタット可変式という技術を使っていることがある。

サーモスタット可変式スイッチ
サーモスタット可変式スイッチ

このサーモスタット可変式を簡単に説明すると、例えば「コタツ」です。

こたつは、こたつ内の温度が設定温度に達するとヒーターが消えますし、逆に設定温度が低くなるとヒーターが点灯して暖まる、といった動作を繰り返します。

なので「多用途おでん鍋ふるさとのれん」を使った場合は、冷める前に一定の温度に保つので、スープも具材も熱々の状態で食べられる時間が長くなるというメリットと、ガス式のように煮詰まるという心配もない。

大きなサイズの内鍋
大きなサイズの内鍋

そして二点目には、内鍋の内径寸法が「幅32cm×奥行24cm×深さ10cm」と、一般家庭で使用するには十分な大きさであることが、多種多様な調理を可能にしていると思います。

保温性に優れ、焦げ付きにくく、お手入れも簡単!

「多用途おでん鍋ふるさとのれん」は、なぜ保温性に優れ、焦げ付きにくく、手入れが簡単かというと、実は、内鍋の材質に、その理由があります。

では、この内鍋はどんな材質で作られているかというと、それは、アルミ合金を鋳造した鍋にフッ素樹脂を加工したものです。

内鍋はフッ素樹脂を加工
内鍋はフッ素樹脂を加工

そのため、この技術で製品化された鍋は、熱伝導性や耐食性に優れていて錆びにくく、また鍋の表面をフッ素樹脂で加工しているため食材がくっつきにくい(焦げにくい)といった特徴があります。

このような理由で、お手入れがとっても簡単!なんです。

多用途おでん鍋のスペック(仕様)

さて、現物が目の前にあれば、様々な面で疑問に思っていたものが解消できると思いますが、ネットだと、そうもいきません。そこで、多用途おでん鍋の仕様を以下に記します。

ただ、一点、私が気になったのは、電源コードの長さが「1,4m」と、少し短いかな~と思いました。

多用途おでん鍋 ふるさとのれん
多用途おでん鍋 ふるさとのれん
  • 満水容量:約6.5L
  • 電源:交流 100V
  • 消費電力:1200W
  • 温度調節:サーモスタット可変式
  • 温度調節:サーモスタット可変式
  • 材質:本体=焼杉風木枠、フタ=焼杉風木蓋、内鍋=アルミ鋳造 フッ素樹脂加工、目皿=18-0ステンレス、仕切り=アルミ
  • 電源コード:約1.4m
  • 寸法:(鍋・ふた装着時)約幅38.7×奥行29.0cm×高さ18.0
  • 重量:約2630g
  • 付属品:内鍋・木蓋・仕切り板・蒸し目皿

だからといって、もし延長コード(電源タップ)を使用しなければ電源がとれないような場所での使用を想定している場合でも、できるだけ壁に設置されているコンセントから電源を取るようにしましょう。

もし、一時的に延長コードを使用して電源を確保するような場合でも、延長コードの消費電力は「1500W」のものを使用し、1500Wを超えての使用は絶対にやめましょう。

そうしないと、壁面のコンセントや延長コードが異常発熱を起こして発火し、火災に発展するリスクが高くなります。十分に注意しましょう。

おでん汁の素を使うと簡単で美味い!

もう既に使った事があるという人も読者の中にはいると思いますが、紀文が販売している、下の「おでん汁の素」を使用すると、出汁の旨味と豊かな香りの美味しい「おでん」が、いとも簡単に完成する。

おでん出汁の素
おでん出汁の素

そして「おでん汁の素」の使用方法は、次の順番で進めていきます。

まず1袋につき、1L(1000ml)の水に溶かします。ただ、この水の量は、人数や味の好み(濃淡)によって変えれば良いです。

それに、多用途おでん鍋は、満水容量が約6.5Lもあるので、結構な人数分を作れます。なので、この範囲内で収まるように出汁の味を決めれば良いかと思います。

では、水の量が決まりましたら、その水を多用途おでん鍋に入れ、その後、その分量に見合う「おでん汁の素」も鍋に入れ、多用途おでん鍋の電源スイッチをONにして沸騰させます。

また、種ものは、以下のようにグループ分けをしておくと、投入時に分かりやすいかと思います。

■ 種ものグループ分け
  1. だし汁、大根、牛すじ、卵、こんにゃく、白滝、ちくわぶ、結び昆布
  2. 餅入り巾着、つみれ、さつま揚、ちくわ、ウインナー
  3. 魚河岸あげ
  4. はんぺん
おでん汁の素の使い方
おでん汁の素の使い方

沸騰したら、上図を参考に、煮えにくい種もの「①」から順次入れて、「弱」で30分程度煮ます。

30分経ちましたら「②」を入れて「弱」で、さらに15分煮ます。その後、なめらかでソフトな「③」の魚河岸あげを、ほかの種ものより後に入れます。

そして「④」のはんぺんは、最後に加え、汁をかけて温めれば、約45分で、美味しいおでんの出来上がりです!

おでんの種類やおでんに合う飲み物

おでんの種類というのは地域や家庭によって様々で、定番の具材から変わり種まで、実に多彩だ。

おでんの具材は、地域や家庭によっても様々!
おでんの具材は、地域や家庭によっても様々!

おでんの種類は、もともとは、焼き豆腐に味噌をつけた「田楽」という料理に由来しているようだ。

それが、江戸時代後期から明治時代初期にかけて、飲食店などで販売されるようになり、全国に普及したという経緯がある。

その過程で、地域の食材や好みに合わせて、具材や味付けが変化し、今では関東や関西、九州などで、多種多様なおでんが登場している。

また、おでんに合う飲み物としては、おでんの具材や出汁、薬味に合わせて、日本酒や焼酎、ワインなどを選ぶとよいですが、基本的にはどんなお酒でも合います。

ただ、おでんの具材には「練り物・野菜・魚・肉」等、様々な種類があるため、それぞれに合うお酒があるとされています。

おでんに合う日本酒
おでんに合う日本酒

例えば、練り物や野菜には、米の旨味がしっかりとした純米酒が合うとされ、また肉や魚には吟醸酒を合わせるとよいとされています。

ですが、私の個人的な思いとしては、好きな具材を好きなお酒で頂くというのが一番良いと考えています。なので、上記に関しては一般的な定義とでも解釈していただければ良いのかなと思います。

まとめ

多用途おでん鍋 ふるさとのれん(KS-2539)は、おでんだけでなく、煮物や蒸し物、炒め物など、さまざまな料理に使える便利な鍋です。また木製で焼杉風のデザインが暖かみのある雰囲気を演出し、屋台気分でおでんが楽しめます。

多用途おでん鍋ふるさとのれん
多用途おでん鍋ふるさとのれん

特徴としては

  • 煮る・茹でる・焼く・蒸す・炒める、の5役が可能!
  • 保温性に優れ、食材の旨味を逃さない!
  • 焦げ付きにくい!
  • お手入れが簡単!

といった事が挙げられる。

肉まんとあんまん
肉まんとあんまん

そして、この多用途おでん鍋をおすすめする理由としては、

  • さまざまな料理を楽しみたい方
  • 本格的なおでんを作りたい方
  • お手入れが簡単な鍋が欲しい方

というのが主な理由です。

また、おでんの作り方というのは、その地方によって、具(たね)も、出汁の取り方(スープ)も様々だと思います。なので、その具体的な作り方は、そういったWebサイトを参考にしていただければと思います。

ただ、一般的な「おでんの作り方」としては、以下のように

  1. だしをとる
  2. 具材を下ごしらえする
  3. 具材を鍋に入れ、だしを注ぐ
  4. 弱火でじっくり煮込む

といった流れがあるので、この手順で進めいくと良いかと思います。